昔読んだライトノベルを思い出しながら評価してみた

f:id:rankasan:20170316135902j:plain

最近はあまり読まなくなしたが、昔はライトノベル(というかラノベという分類が無かったので若年層向けの小説)もよく読んでいました。何を読んだかうろ覚えですが、特に印象に残った作品を思い出しながら、個人的に評価をしてみました

青の騎士ベルゼルガ物語

★★★☆☆

青の騎士(ブルーナイト) ベルゼルガ物語〈2〉 (ソノラマ文庫 316)

青の騎士(ブルーナイト) ベルゼルガ物語〈2〉 (ソノラマ文庫 316)

 

ソノラマ文庫から発売された装甲騎兵ボトムズのスピンオフ作品。1~2巻、K’、絶叫の騎士の4冊が刊行されています

初期の頃はボトムズらしい泥臭さで、主人公が負った裂傷を火薬で焼いて止血するなどエグめの描写もありました。メカデザインも原作準拠で魅力的でした。初期の頃は…

しかし、回を追う毎に設定がインフレしてしまったのが残念なところ。メカデザインも垢抜けてスタイリッシュになり、ミリタリー色の薄いものとなりました

ベルゼルガ・テスタロッサのパイルバンカーは地割れを起こして1万ものATを壊滅できるという破壊力。う~ん、初期の路線のままならなぁ…


ベルゼルガ スーパーエクスキュージョン


シャドウフレア

ガルフォース

★★★★☆

ガル・フォース―赤い悪魔のサンバ (角川文庫)

ガル・フォース―赤い悪魔のサンバ (角川文庫)

 

同名OVAのノベライズ作品。機械骨格に宿る液状生命体パラノイドと単一生殖(ようするに女性)の人間型ソルノイドの戦いを描いたSF作品

小説版1巻は細部が異なりますが、大筋はOVAを踏襲したものです。美少女モノだけあってOVAではおとなしめのサービスシーンがありますが、小説版ではその辺りが大幅にパワーアップ。ラノベだよね?と疑いたくなる濃厚な描写がされています

といっても、サービスシーンや美少女モノである事はエッセンスにすぎず、真髄はストーリーにあります。その内容はハードかつシビアで、良く練らています。ラストの衝撃は忘れられません

ただ、OVAも小説も2巻以降は売れたから続けた感があり、内容は今ひとつなのが残念なところ。個人的にはOVAを観てから小説を読むのがお勧めです


ガルフォース エターナル・ストーリーDVD

フォーチュンクエスト

★★★★☆

新装版フォーチュン・クエスト(1) 世にも幸せな冒険者たち<新装版フォーチュン・クエスト> (電撃文庫)

新装版フォーチュン・クエスト(1) 世にも幸せな冒険者たち<新装版フォーチュン・クエスト> (電撃文庫)

 

TRPGのエッセンス加えたファンタジーの異色作。人気作で今でも続刊が刊行されています。シリーズ第一弾も電撃文庫で新装版が購入できます

本作を特徴づけているのは、登場人物が冒険者カードを持っている事でしょう。それには自分のレベル、職業、体力、魔力といったステータスが記載されています。TRPGのキャラクターシートを彷彿とさせますね。主人公がマッパーというのも面白い

書き味は現在のラノベに近い感じで、登場人物たちの軽妙な掛け合いでストーリーが進んでいきます。内容もシビアな感じはなくハートフルで優しいものです

TRPGプレイヤーで未読の方にはお勧めですね

聖刻1092

★★★☆☆

聖刻1092【神樹】[壱] (朝日ノベルズ)

聖刻1092【神樹】[壱] (朝日ノベルズ)

 

ワースプロジェクトのメディアミックス作品の中核となる小説。ファンタジーの世界観に操兵と呼ばれる巨大ロボットを合わせた異色作。小説は全19巻と息の長い作品です

前述した操兵や錬法と呼ばれる魔法、それらを取り巻く利害関係をもつ様々な組織と、独特で奥深い世界観が魅力的です。登場人物も個性的で、特に主人公の破天荒ぶりが印象的でした

ただ、筋書きが世界観に負けている感じがあり、もう少し捻ったらいいのにと思った記憶があります。シンプルな冒険活劇としては良作ですけどね

ちなみに、私が読んだのはシリーズ最初の聖都編だけです

アルスラーン戦記

★★★★★

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)

 

銀河英雄伝説で有名な田中芳樹による大河ファンタジー作品。最近テレビアニメ化されましたね。ラノベに分類してよいか悩ましいところですが、同氏の他作品に比べてライトな書き味で読みやすいので、取り挙げました

壮大で飽きさせないストーリーも魅力ですが、印象に残っているのは政戦両略に優れた軍師ナルサスが、ヤン・ウェンリーよろしく奇策を巡らすところですね。登場人物の中でナルサスが一番好きという方も多いのでは?

ちなみに私は全巻読んでいません。待てど暮せど続刊が出ないくて挫けたのを覚えています。2000年前後からようやく続刊が出始め、今はカッパノベルズの新書版が、角川版2巻分が1冊にまとまっていてお得です

プライバシーポリシー