読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOSにSubversion1.7系をインストールする

f:id:rankasan:20170322110727p:plain

CentOSはyumでSubversionをインストールすると1.6系になります(2016/6現在)。しかし移行元は1.7系…という訳でCentOSにSubversion1.7系をインストールする手順のメモです。1.7系はRPMforgeのリポジトリを導入してyumにてインストールします。WebDAVで繋げたいのでmod_dav_svnも入れます

RPMforgeリポジトリの導入

# yum remove subversion

1.7系が配置されているRPMforgeリポジトリを導入

# rpm -Uvh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm  

念の為1.7系があるか確認。問題なさそう

# yum list --enablerepo=rpmforge-extras | grep mod_dav_svn
mod_dav_svn.x86_64                      1.7.4-0.1.el6.rfx        @rpmforge-extras 

subversion1.7のインストール

mod_dav_svnを指定してインストール。suvbersionはdependenciesで同時にインストールされる

# yum install --enablerepo=rpmforge-extras mod_dav_svn

無事インストールされました 

==================================================================================
 Package                       Arch                     Version
==================================================================================
Installing:
 mod_dav_svn                   x86_64                   1.7.4-0.1.el6.rfx
Installing for dependencies:
 subversion                    x86_64                   1.7.4-0.1.el6.rfx

Transaction Summary
==================================================================================
Install       2 Package(s)

と、ここまでやって気づいたんですが、移行元が1.7.5なんですよね…まあ、リビジョン違いぐらい大丈夫でしょう

WebDAVの設定

ついでにWebDAVの設定も追加します。Subversionをインストールすると/etc/httpd/conf.d/subversion.confが出来てるので設定を追記

<location /svn/>
    DAV svn
    SVNParentPath /var/svn
    SVNListParentPath on
    SSLRequireSSL
    AuthType Basic
    AuthName subversion
    AuthUserFile /etc/httpd/.htpasswd
    Order allow,deny
    Allow from all
    Require valid-user
</location>

一つ一つ作るのは面倒なのでSVNParentPathで親ディレクトリを指定、リポジトリ一覧を参照出来るようにSVNListParentPathを指定

これでhttps://サーバ名/svnで接続出来ました

プライバシーポリシー